製作5日目

各参加チームの所用が同時に重なり、

今回はキャプテンさんのみの参加となってしまいました。

しかも浜坂支部メンバーも極少なんです。

常連製作者はわずか3人とさみしい状況なんですが、

ゲストが4人も来ていただけました。

P4240028.jpg  DVC00026_1.jpg
再遠方の愛知県から、わざわざ激励に駆けつけてくださいましたSさん、

外部指導員でとうとう支部メンバーより出席率の高くなってしまった丹波市の船越さん、

豊岡のKさん、そして隣町からパドル製作のKさん。

DVC00027.jpg

 

製作以外でもたくさん盛り上げていただきました。

こんなおもてなしを受けたり・・・

DVC00031_1.jpg  DVC00033.jpg

 

こんなことしてみたり・・・

P4240026.jpg

しかも匠の教材も持ってきていただきました。

P4240020.jpg  P4240019.jpg

我々と同じ作り方の艇と、現在製作中のべニアでつくってらっしゃる艇と2艇ご披露頂きました。
すばらしい作りですし、かっこいいんですよ♪
製作オンリーばかりではなく、このような交流がこの事業の本来目指したいところなんですよ!!

さて製作ですが、2時間半残業して終了。

デッキを貼り終えるまで、あと2時間程度でしょうか?

DVC00041_1.jpg  DVC00042.jpg

また今回は、Sさんから各艇のネームを切り出していただけるようで、

取り急ぎ2チームのみ作っていただきました。

キャプテンさんが

P4260018.jpg
浜坂支部が

P4260019.jpg
に決定しましたので、ご報告申し上げます。

他チームのみなさんも、近いうちに艇名の確定をお願いします。
次回は5月8日土曜日です。

みなさん、多数のご参加をお待ちしています。

製作4日目

今回の製作は、進み具合の首位を走っていたチームあかいさんが欠席です。
でも、前回欠席していた地元若手チームのキャプテンさんが4名に加え、

午前中は今回初登場の西村さん親子も参戦。

DVC00025.jpg  DVC00011.jpg

チーム奈良さんは畠山さんと三浦さんコンビがデッキ側を着々と張り上げていきます。

会場への行き来がもっとも時間のかかるチームだけに、

言葉少なめにすごいペースでデッキを貼っています。

DVC00024.jpg  DVC00049.jpg

兵プレさんも若干メンバーが変わったものの、ボトム側からデッキ側へ艇をひっくり返し、

チーム奈良さんの後を追いあげます。
兵プレさんは職人さんチームではないのですが、

チームをまとめる春名さんが無茶苦茶職人気質なんです。

段取りが悪いとチーム内に播州弁の檄が飛びます。

「なにしとんのんどいやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!(怒)」
キャーとかイヤーとかとか言ってるチームキャプテンの横で、

ここだけ丁稚奉公の現場と化しています(笑)

DVC00005.jpg  DVC00050.jpg
浜坂支部チームは、様々な段取りもあり、

みなさんより1.5回程度出遅れたのですが、

マイペースではあるものみなさんを追い上げていきます。

DVC00009.jpg  DVC00051.jpg
実はこの日はゲストの製作者が来場する予定。

先週初めてご来訪いただき、今日はシングルパドルを製作されます。
(詳細の説明は長くなりますので割愛します(笑))

DVC00077.jpg
今回のプロジェクトは準備段階の期間が長期に及んだことと、

ブログなどで告知していたこともあり、様々な方面からエールを贈っていただいています。

そのお一人の船越さんも県中部あたりから、わざわざ指導者として参画していただいています。

今日はパドル製作の指導を船越さんへお願いする予定です。

P4100074.jpg

船越さんの指導がいいのか、チームキャプテンさんの造作は、

なかなクオリティーが高いのです。
5時に作業は終了なのですが、キャプテンさんのメンバー、

ボトムを張り上げるまで帰らないと言ってます(汗)若いパワーは馬力が違いますなぁ!!

DVC00096.jpg  DVC00097.jpg

後半になると、カンナを操る手は危なかしいものの、ハルはピタッとおさまっていきます。
チームキャプテンのリーダーから貴重な一瞬はムービーでお願いします。

との要請を受け、高橋部会長が、あわててビデオをスタンバイ。

最後の1枚がおさまった瞬間は大歓声。夕方の6時30分でした。

 

今回の製作も初めてご参加の方が何名かあり、大いに製作会場を盛り上げていただきました。

DVC00102.jpg  DVC00106.jpg

次回は4月24日土曜日9:00から17:00です。

がんばりましょう。