「1.17 は忘れない!地震防災・減災セミナー」出前講座

11月20日「1.17 は忘れない!地震防災・減災セミナー」と題して

朝来市立枚田小学校へ行ってまいりました。

この事業は浜坂支部の事業ではなく、

お隣南但支部青年委員会の事業の助っ人で、

主に会場設営等で、参加させていただきました。

PB200125.jpg

参加予定者数600名

インフルエンザの関係で、学級閉鎖のクラスもあり、

実参加数は不明ですが、多くの参加がありました。

幼稚園児まで参加していますが、お行儀いいですね♪

PB200127.jpg PB200128.jpg

新聞紙を用いての防災スリッパづくりは、

ちょっと悪戦苦闘です。

PB200130.jpg PB200132.jpg

防災スリッパの完成を待たずして、軸組みモデルや地震体験マシン?

の体験です。

揺れの怖さを体験するというより、楽しんでいるようですね。

最後は災害時の非常食を景品に、

防災クイズ大会です。

クイズの司会は、なんと我らが浜坂支部の高橋青年部会長!!

PB200133.jpg PB200139.jpg

名司会に場内大盛況!!

防災セミナーで、こんなに盛り上がっていいのでしょうか(笑)

PB200144.jpg

4クラスが見事非常食をゲットされました。

おめでとうございます。

場内には、様々な防災グッズも展示され、

南但支部青年委員会の意気込みが感じられます。

PB200118.jpg PB200113.jpg

PB200119.jpg PB200120.jpg

PB200121.jpg PB200122.jpg

この事業は、朝来市立枚田小学校PTAのみなさんと

長い期間を掛けて準備されてきた事業とのことですので、

これをきっかけに地域の防災意識が、さらに向上したと思われます。

また、我々浜坂支部も参考にさせていただけるところも多々あり、

非常に有意義な助っ人をさせてもらえました。

余談ですが、兵庫県の阪神・淡路大震災15周年記念事業インフォメーション&ガイド

の表紙に、浜坂支部青年部会の事業風景が使用されています。

一度ご覧になってください。

http://web.pref.hyogo.lg.jp/contents/000138066.pdf

被災建築物応急危険度判定士認定講習会のお知らせ

(講習会の概要) 

日時 平成20年12月9日(火)13:30~16:00

場所 兵庫県中央労働センター(神戸市中央区)

費用 テキスト代:2000円(受講料は無料)

申込期限 11月28日(金)まで

申 込 先 但馬県民局建築第2課(または本庁建築指導課) ※浜坂支部エリア在住の方の場合です。


 

詳細は兵庫県のサイトをご覧ください

加工その1

カヤックの本体となる材料を製材して、約1.5か月が経過しました。

桟積みで天日干しを行い、まあまあ乾燥している感じです。

いよいよ材料加工に入っていきますが、突かかりは、なかなか軌道に乗りません。

しかも各地の文化祭やら、行事と重なったためスタッフも手薄です。

しかし、できる範囲の作業を進めていきましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青年部会の事業ですが、親会からも福島さんが助っ人に来ていただけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

丸ノコが使えないメンバーは、型となるモールドの原稿を糊貼りです。

貼りあがりが若干見苦しいのですが、

糊自体のコストから、障子用の糊を水で薄め、刷毛で塗って貼ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高橋青年部会長、悪戦苦闘です。

今回のシーカヤック製作は、前回のカナディアンカヌーのときより

艇数も増えましたし、部材も多いので、準備作業にもうしばらくかかりそうですね。

道のりは長そうですが、志を高く、頑張りましょう。