加工その1

カヤックの本体となる材料を製材して、約1.5か月が経過しました。

桟積みで天日干しを行い、まあまあ乾燥している感じです。

いよいよ材料加工に入っていきますが、突かかりは、なかなか軌道に乗りません。

しかも各地の文化祭やら、行事と重なったためスタッフも手薄です。

しかし、できる範囲の作業を進めていきましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青年部会の事業ですが、親会からも福島さんが助っ人に来ていただけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

丸ノコが使えないメンバーは、型となるモールドの原稿を糊貼りです。

貼りあがりが若干見苦しいのですが、

糊自体のコストから、障子用の糊を水で薄め、刷毛で塗って貼ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高橋青年部会長、悪戦苦闘です。

今回のシーカヤック製作は、前回のカナディアンカヌーのときより

艇数も増えましたし、部材も多いので、準備作業にもうしばらくかかりそうですね。

道のりは長そうですが、志を高く、頑張りましょう。

ようやく製材

光陰矢のごとしとはまさに!!

忙しいを理由にしていると、知らない間に秋になってしまいました。

カヌープロジェクトPart3で製作するシーカヤックの、

7月中旬に終えるはずの製材がようやく着手できました。

今回は滝本製材さんにご協力をお願いしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA           OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シーカヤック本体は約5メートルの長さがありますので、部材は5.2メートルを予定しています。

この製材された板を、乾燥後さらに10ミリ程度に挽き割り、

プレーナーを掛けるのですが、節がネックになります。

間伐材製シーカヤックですから、ふんだんに節ありの材料を使用したいのですが、

部材の加工段階及び、艇制作段階で、ことごとく折れます。

よって、間伐材といえども節のない材料を使わざるをえません。

ただ、すべての材料が5.2メートル無節である必要はなく、

個所に応じては、短い部材でもいいわけですし、ジョイントすればどんな部材でも使用可能となります。

部材加工は大変な労力を要しますが、

プロ集団の会員の集まりですので、大いに期待しています。

間伐材搬出

本日は古家庶務の会社のユニック&岸本さんにご無理をお願いしまして、

先日伐採した間伐材の搬出です。

梅雨の合間だけに、搬出路はぬかるみ、タイヤが逃げ込んで、

朝一から悪戦苦闘です。

IMG_3020.JPG

古家さんには、定尺の5.2メートルに切りそろえてもらい、

ユニックへ積み込んでいきます。

IMG_3019.JPG

本日の搬出量は約40本です。

↓これ×2台です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の事業の趣旨に賛同していただき、製材は新温泉町の

滝本製材(有)さんに、製材をお願いしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA           OLYMPUS DIGITAL CAMERA

製材後はしばらくの間、桟積みにて乾燥です。

乾燥後はいよいよ加工がスタートしますので、

浜坂支部大工部隊の皆様!

大いに期待しておりますので、よろしくお願いします。

間伐

カヌープロジェクトPartⅢがスタートしました。

現在、山陰海岸は日本ジオパークから、世界ジオパーク加盟へ向けて地域の熱い期待を受けています。

地質学的な歴史を探るうえでは、非常に重要だといわれているジオパークへのアクセスを、

陸からではなく、海から行います。そこへアクセスする手段として、

私たちが構想段階から3年を要した間伐材製カヌーのノウハウを活かし、

趣旨に賛同いただいた製作者の方々と共に、間伐材製シーカヤックを製作し日本海へ漕ぎだし、

山陰海岸ジオパークを応援しようという事業です。

なお、概念等はこちらの企画書をご参考ください。


まずは肝心な間伐を行わなければ、先に進みません。

IMG_2977.JPG  

間伐するのは、この杉林です。

健全な森を形成するには、間伐は非常に重要な作業です。

今回は、県立兎和野高原野外教育センターのご協力のもと、

施設内散策道の整備をご協力させていただく趣旨で、間伐を行います。

そこで出た間伐材に、新たな命を吹き込みます。

IMG_2982.JPG  IMG_2986.JPG

なかなか計画通りの方向へ倒すのは難しく、午前中は難航

挙句の果てに、チェーンソーが挟まってしまい、作業中断


OLYMPUS DIGITAL CAMERA           OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし、午後は要領も得た関係上、ほぼ予定量の間伐を終了できました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA           OLYMPUS DIGITAL CAMERA

着工前に比較し、見晴らしがかなり良くなりました。

杉林への日光の指し方はもちろんですが、

ウォークラリー等に使用される散策道も、かなり明るくなりました。

次回は、ユニックにて製材所へ搬出です。