全国大会(山形大会)その2

10月16日、我々にとっては山形2日目ですが、これが大会当日です。

前夜の懇親会→懇親会→懇親会→懇親会のスケジュールも無事こなし、

お目覚めも、すっきりとはいえない状況ですが、今日も1日がんばりましょう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高橋青年部会長も古家庶務も、朝ごはんをこれくらい食べられれば、

昨夜のダメージはないと思われます。

そして、会場へ向かいます。

IMG_3517.JPG  IMG_3518.JPG

我々のブースは19番です。

IMG_3528.JPG  IMG_3529.JPG

来場者の方々もどっと押し寄せるのではなく、

ポツリポツリではありますが、トータルではかなり多くの方々に立ち寄っていただきました。

お昼すぎになりますと、交流プラザステージにて、

地域貢献を担う青年建築士の活動報告があります。

管理人西尾はそこでの発表者でもあるので、少し早めにスタンバイ。

IMG_3534.JPG

緊張感の無い絵で申しわけございません。

13:15より木村委員長のあいさつにて、活動報告スタートです

IMG_3535.JPG

近畿ブロックとして兵庫士会青年委員会の発表は5番目で

「地域とつながる2大ものづくり」と題して発表させていただきました。

IMG_3536.JPG

ここで大失敗!!与えられた時間と自分のプレゼンのスピードが

まったく合いません。

事前のシュミレーション不足で、お伝えしなくてはならないことが

発表できず、会場で見守っていただいた近建青の方々にも

ご迷惑をおかけしてしまいました。ごめんなさい:cry:

不十分なままにも、プレゼンは終了しパネルディスカッションへ突入です。

  IMG_3541.JPG  IMG_3544.JPG

パネルディスカッションは、連合会青年委員会の伊藤氏の進行により

コミュニティーアーキテクトとして、地域実践活動と題しての議論です。

設問一は、それぞれの事業を通して、コミュニティーアーキテクトについての可能性はいかに?

設問ニは、人材確保(会員獲得)につなげるために必要なことは?

それぞれのまとめは、連合会青年委員会でもされると思いますので、

どのような意見が出たかは、後日お楽しみに。

みなさん熱いですよ!でもこの熱意がなければ、

コミュニティーアーキテクトとしての活動もできないんだと、強く感じました。

様々な意味で、このような形で参加の機会を与えていただきました方々へ

心より感謝申し上げます。

全国大会(山形大会)その1

第52会建築士会全国大会山形大会へ参加して参りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA           IMG_3553.JPG

今回は「地域貢献を担う青年建築士の活動報告」を近畿ブロックの代表として

行かせていただいています。

浜坂支部からは、高橋青年部会長、古家庶務、西尾青年副部会長の3名が参加

大阪空港で県青の赤井副委員長(三田支部)と合流し、山形へひとっ飛び。

IMG_3511.JPG  IMG_3512.JPG

なかなかシンプルな空港でした。

昼食を済ませ、メイン会場となる山形市総合スポーツセンターへ向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

我々の向かう先は、交流プラザである武道場です。

行ってみると、ブース出展される方々は、着々と準備を進めていらろっしゃいます。

出遅れてなるものかと、急いでブース設営開始です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA           OLYMPUS DIGITAL CAMERA

17:00からのフォーラムに出席する必要があるため、突貫工事です。

「なかなかいいんでないかい?」と自画自賛中。

ここで自己満足の余韻に浸っているわけにはいきません。

次なる会場は、山形グランドホテルで開催される全国青年建築士フォーラム

への参加です。

最初は建築ジャーナルの竹下氏の、「国民から見た建築士像」と

題しての基調講演でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

国民目線の建築士って、自分では意識しているつもりでも、

まだまだ世間の方々には、そう思われていなのだという現実も再認識できました。

そしてその後は部屋を移動して、分科会です。

「青年建築士がもっと元気になるためには」と題してのワークショップです。

各地の熱い意見を聞くことができ、大変参考になりました。

激論?を交わしていたせいもあり写真なしです。

その後は、もう一度部屋を移動し、参加者全員の懇親会が開催されました。

ここでも、様々な単位士会の方々と懇談ができ、

非常に有意義な時間を過ごすことができました。

16日につづく・・・

カヌーイベントin柴山

カヌープロジェクトでの進水式を終えて早半年以上が経過しました。

進水式後、建築士会の冊子や近畿あーきてくとでもとりあげていただき、

支部青年部会の活動が多くの方へお知らせできたことは、この上なくうれしいことと思います。

進水式で使用された艇は、現在香美町村岡区にある兵庫県木の殿堂

香美町香住区の海の文化館、兎塚中学校に展示されていますが、

カヌーは水に浮かべてこそ意義のあるものと、捉え新たな事業を計画しました。

今回は矢田川(支流)の源流の森から生まれたカナディアンを、柴山港へ浮かべました。

実施日 2008年5月24日(土)

場 所 香美町柴山港

協 賛 兎塚中学校

            

兎塚中学校2年生の学Pを兼ねています。

また、カヌーの指導や周辺施設の利用に、香住海洋クラブの皆様に大変お世話になりました。

            

当日はレジャーボート雑誌のボート倶楽部で

8年連載コーナー「海を守る人々」の取材も兼ねています。

心配されていた天気も、ツーリング風景の写真撮影の間はしっかり持ちこたえ

とてもいい取材ができたとのことです。

なお、この日の内容を含んだカヌープロジェクト全体の記事が

2008年8月5日発売のボート倶楽部9月号にて掲載されます。

カヌーの製作とツーリングが舞台となった香美町は

「美しい山・川・海 人が躍動する 交流と共生のまち」を掲げる町

森から生まれたカヌーが矢田川で進水を経過したのち、日本海で羽を伸ばしました。

山で育った子供たちと、海で地道に活動を続けていらっしゃる香住海洋クラブの方々との

一見接点のない両者のコラボが今回の事業で実現しました。

少しずつ芽生えてきたコミュニケーションから、今後の大きな展開が期待できそうです。

3つの団体の合同ともいえる今回の事業ですが、

大変多くの方々のご支援をいただき実現しましたことを心より感謝申し上げます。