全国大会(山形大会)その2

10月16日、我々にとっては山形2日目ですが、これが大会当日です。

前夜の懇親会→懇親会→懇親会→懇親会のスケジュールも無事こなし、

お目覚めも、すっきりとはいえない状況ですが、今日も1日がんばりましょう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高橋青年部会長も古家庶務も、朝ごはんをこれくらい食べられれば、

昨夜のダメージはないと思われます。

そして、会場へ向かいます。

IMG_3517.JPG  IMG_3518.JPG

我々のブースは19番です。

IMG_3528.JPG  IMG_3529.JPG

来場者の方々もどっと押し寄せるのではなく、

ポツリポツリではありますが、トータルではかなり多くの方々に立ち寄っていただきました。

お昼すぎになりますと、交流プラザステージにて、

地域貢献を担う青年建築士の活動報告があります。

管理人西尾はそこでの発表者でもあるので、少し早めにスタンバイ。

IMG_3534.JPG

緊張感の無い絵で申しわけございません。

13:15より木村委員長のあいさつにて、活動報告スタートです

IMG_3535.JPG

近畿ブロックとして兵庫士会青年委員会の発表は5番目で

「地域とつながる2大ものづくり」と題して発表させていただきました。

IMG_3536.JPG

ここで大失敗!!与えられた時間と自分のプレゼンのスピードが

まったく合いません。

事前のシュミレーション不足で、お伝えしなくてはならないことが

発表できず、会場で見守っていただいた近建青の方々にも

ご迷惑をおかけしてしまいました。ごめんなさい:cry:

不十分なままにも、プレゼンは終了しパネルディスカッションへ突入です。

  IMG_3541.JPG  IMG_3544.JPG

パネルディスカッションは、連合会青年委員会の伊藤氏の進行により

コミュニティーアーキテクトとして、地域実践活動と題しての議論です。

設問一は、それぞれの事業を通して、コミュニティーアーキテクトについての可能性はいかに?

設問ニは、人材確保(会員獲得)につなげるために必要なことは?

それぞれのまとめは、連合会青年委員会でもされると思いますので、

どのような意見が出たかは、後日お楽しみに。

みなさん熱いですよ!でもこの熱意がなければ、

コミュニティーアーキテクトとしての活動もできないんだと、強く感じました。

様々な意味で、このような形で参加の機会を与えていただきました方々へ

心より感謝申し上げます。

全国大会(山形大会)その1

第52会建築士会全国大会山形大会へ参加して参りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA           IMG_3553.JPG

今回は「地域貢献を担う青年建築士の活動報告」を近畿ブロックの代表として

行かせていただいています。

浜坂支部からは、高橋青年部会長、古家庶務、西尾青年副部会長の3名が参加

大阪空港で県青の赤井副委員長(三田支部)と合流し、山形へひとっ飛び。

IMG_3511.JPG  IMG_3512.JPG

なかなかシンプルな空港でした。

昼食を済ませ、メイン会場となる山形市総合スポーツセンターへ向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

我々の向かう先は、交流プラザである武道場です。

行ってみると、ブース出展される方々は、着々と準備を進めていらろっしゃいます。

出遅れてなるものかと、急いでブース設営開始です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA           OLYMPUS DIGITAL CAMERA

17:00からのフォーラムに出席する必要があるため、突貫工事です。

「なかなかいいんでないかい?」と自画自賛中。

ここで自己満足の余韻に浸っているわけにはいきません。

次なる会場は、山形グランドホテルで開催される全国青年建築士フォーラム

への参加です。

最初は建築ジャーナルの竹下氏の、「国民から見た建築士像」と

題しての基調講演でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

国民目線の建築士って、自分では意識しているつもりでも、

まだまだ世間の方々には、そう思われていなのだという現実も再認識できました。

そしてその後は部屋を移動して、分科会です。

「青年建築士がもっと元気になるためには」と題してのワークショップです。

各地の熱い意見を聞くことができ、大変参考になりました。

激論?を交わしていたせいもあり写真なしです。

その後は、もう一度部屋を移動し、参加者全員の懇親会が開催されました。

ここでも、様々な単位士会の方々と懇談ができ、

非常に有意義な時間を過ごすことができました。

16日につづく・・・

カヌー製作7日目

進水式の日も入れると本日で製作も7回目を迎えまして

今日はパドル製作のみです

中学校も短縮綬業に入っていますので時間は約90分

0927-1.jpg

女子の一軍↑休憩しているように見えますが

一生懸命自分のパドルをペーパーがけしています

0927-2.jpg

↑男子もディスクグラインダーを器用に使いグリップを削り込んでいきます

なんと!!「平手っぽい」デザインのパドルもあります

次回の明日はイラストやメッセージ?も入れる予定で

それを終えると10月2日はウレタンクリアーでカヌー本体も含め

すべての製作を完了することになります

あと少しがんばりましょう:-D

 

 

進水式無事成功

いよいよ進水式当日です

本当に浮くのか?と思っているかどうかは知りませんが

進水式前のワクワクの瞬間です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それぞれのカヌーで生徒と先生でシャンペンにてお清めです

ウイニングランの後の祝杯のようになってしまいましたが

盛り上がりましたよ(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いよいよ乗り込んで出航です

カヌーの乗り方に関しては浜坂支部のメンバーも素人ばかり

というよりだれも未経験。。。

パドル操作に関しては大した説明もないままの船出ですから

いささか緊張気味です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

50メートルも進めばもう慣れたもので

本能的に方向修正を行っています

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

障害物の岩の周りも手慣れたようすで

初めてとは思えないパドルさばきです

渋滞してても安心安心

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生徒たちが一通り試乗したところで遙々加古川からお越しいただいた

(社)兵庫県建築士会藤本青年委員長の登場です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんか藤本委員長のライフジャケットはサイズが。。。

それって子供用なんですけど。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水と戯れるというは誰しも童心に帰りますね

藤本委員長も浜坂支部の古家庶務もとてもいい顔をしています

って。。。二人ともひきつってるじゃないッスか!!

大丈夫ですって沈みませんから

 

2時間程度でしたが生徒全員と今回の事業に関わっていただいた方の

全員に試乗していただけました

DSC05848

当日はプレスの皆様も7社と香美町の広報も取材に来ていただけました

わずかな時間でしたが矢田川での進水式を楽しんでいただけましたでしょうか

当日はライフジャケットを新温泉町からお世話いただき

矢田川漁業協同組合や道の駅「あゆの里・矢田川」のご協力もいただきました

また、丸太伐採時にお世話になった小林さんをはじめ多くの方々に感謝申し上げます

 

あとはオリジナルパドルの完成に向けて

再びがんばりましょう