全国大会(山形大会)その2

10月16日、我々にとっては山形2日目ですが、これが大会当日です。

前夜の懇親会→懇親会→懇親会→懇親会のスケジュールも無事こなし、

お目覚めも、すっきりとはいえない状況ですが、今日も1日がんばりましょう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高橋青年部会長も古家庶務も、朝ごはんをこれくらい食べられれば、

昨夜のダメージはないと思われます。

そして、会場へ向かいます。

IMG_3517.JPG  IMG_3518.JPG

我々のブースは19番です。

IMG_3528.JPG  IMG_3529.JPG

来場者の方々もどっと押し寄せるのではなく、

ポツリポツリではありますが、トータルではかなり多くの方々に立ち寄っていただきました。

お昼すぎになりますと、交流プラザステージにて、

地域貢献を担う青年建築士の活動報告があります。

管理人西尾はそこでの発表者でもあるので、少し早めにスタンバイ。

IMG_3534.JPG

緊張感の無い絵で申しわけございません。

13:15より木村委員長のあいさつにて、活動報告スタートです

IMG_3535.JPG

近畿ブロックとして兵庫士会青年委員会の発表は5番目で

「地域とつながる2大ものづくり」と題して発表させていただきました。

IMG_3536.JPG

ここで大失敗!!与えられた時間と自分のプレゼンのスピードが

まったく合いません。

事前のシュミレーション不足で、お伝えしなくてはならないことが

発表できず、会場で見守っていただいた近建青の方々にも

ご迷惑をおかけしてしまいました。ごめんなさい:cry:

不十分なままにも、プレゼンは終了しパネルディスカッションへ突入です。

  IMG_3541.JPG  IMG_3544.JPG

パネルディスカッションは、連合会青年委員会の伊藤氏の進行により

コミュニティーアーキテクトとして、地域実践活動と題しての議論です。

設問一は、それぞれの事業を通して、コミュニティーアーキテクトについての可能性はいかに?

設問ニは、人材確保(会員獲得)につなげるために必要なことは?

それぞれのまとめは、連合会青年委員会でもされると思いますので、

どのような意見が出たかは、後日お楽しみに。

みなさん熱いですよ!でもこの熱意がなければ、

コミュニティーアーキテクトとしての活動もできないんだと、強く感じました。

様々な意味で、このような形で参加の機会を与えていただきました方々へ

心より感謝申し上げます。

全国大会(山形大会)その1

第52会建築士会全国大会山形大会へ参加して参りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA           IMG_3553.JPG

今回は「地域貢献を担う青年建築士の活動報告」を近畿ブロックの代表として

行かせていただいています。

浜坂支部からは、高橋青年部会長、古家庶務、西尾青年副部会長の3名が参加

大阪空港で県青の赤井副委員長(三田支部)と合流し、山形へひとっ飛び。

IMG_3511.JPG  IMG_3512.JPG

なかなかシンプルな空港でした。

昼食を済ませ、メイン会場となる山形市総合スポーツセンターへ向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

我々の向かう先は、交流プラザである武道場です。

行ってみると、ブース出展される方々は、着々と準備を進めていらろっしゃいます。

出遅れてなるものかと、急いでブース設営開始です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA           OLYMPUS DIGITAL CAMERA

17:00からのフォーラムに出席する必要があるため、突貫工事です。

「なかなかいいんでないかい?」と自画自賛中。

ここで自己満足の余韻に浸っているわけにはいきません。

次なる会場は、山形グランドホテルで開催される全国青年建築士フォーラム

への参加です。

最初は建築ジャーナルの竹下氏の、「国民から見た建築士像」と

題しての基調講演でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

国民目線の建築士って、自分では意識しているつもりでも、

まだまだ世間の方々には、そう思われていなのだという現実も再認識できました。

そしてその後は部屋を移動して、分科会です。

「青年建築士がもっと元気になるためには」と題してのワークショップです。

各地の熱い意見を聞くことができ、大変参考になりました。

激論?を交わしていたせいもあり写真なしです。

その後は、もう一度部屋を移動し、参加者全員の懇親会が開催されました。

ここでも、様々な単位士会の方々と懇談ができ、

非常に有意義な時間を過ごすことができました。

16日につづく・・・

県青年委員会

6月20日、三田にて開催された県青年委員会に高橋青年部会長と管理人と参加してまいりました。

この日のメインはテーブルトークではなく、県青赤井副委員長の生家である

赤井家の見学です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA           OLYMPUS DIGITAL CAMERA

築150年とのことですが、実にシブい!!

茅葺職人さん詳しい説明も行われ、改めて学んだことも多々ありました。

特に環境を最重視した意識の高さには驚かされました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA           OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここでなんと、巷で有名なあのヒーローが・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小舞壁に使用する壁土をコネコネ作業中

情緒ある香りに噂のケンチックもフラフラになってました。

これも本日の大事な体験メニューです。

茅葺体験もさせていただいた後、

最後に全員で記念写真をパチリ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この後懇親会にて楽しいBBQでしたが、写真は撮り忘れてしまいました。

何から何まで赤井副委員長お世話になり、

ありがとうございました。

同じ参加者の阪神支部青年部会のブログhttp://kentick2008.blog47.fc2.com/blog-entry-223.htmlにも詳しく書かれています

また、当事者である赤井副委員長のブログhttp://blog.livedoor.jp/akaikobo/

には、この事業全体の詳細が書かれています。

お寺のある風景

私たちは、「灯台のある風景」に続く美方郡の自慢景観探し事業として、地域と古くからかかわりの深いお寺を調査し、この美方郡の自慢景観「お寺のある風景」マップを作成することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この調査は、諸事情から寺院として電話帳に掲載されているお寺を対象としたため、完璧な調査となっていないことをお断りしておきます。

美方郡のお寺は、日本の仏教として多くある宗派の内、大きく7宗に属していることがわかりましたが、調査の精度上、「派」の分類については、表示をさけることとしました。

 

 

 

 

 

 

 

なお、このパンフレットは美方郡内の公共機関をはじめ、商工施設や観光施設へ置いていただく予定になっています。

大乗寺見聞学会

本日13時より香美町香住区にある「応挙寺」とも呼ばれている大乗寺の見聞学会が開催されました

今回の見聞学会は北但西部・夢・まちづくり推進会議との共催でもあり

また前日から兵庫県建築士会まちづくり委員会・情報委員会の「出前委員会in湯村温泉」

ご出席のメンバーも参加されての開催となりました

開始早々は一般参加の方がいらっしゃるにも関わりませず、準備不足等で

スタートにご迷惑をお掛けしました点、深くお詫び申し上げます

 

さて、初めて内拝された方々はいかがでしたでしょうか

副住職さんの絶妙な説明と建築士顔負けのノウハウ!!

さぞ驚かれたのではないでしょうか

管理人もびっくりしてしまいました

 

襖絵に関する内容は当然ですが、建築に関するご説明も新たな教えがたくさんあったように思います

それと同時に、歴史を次代へ受け継いでいくということは、並大抵ではないということと

また、言葉では言い表せないほどの素晴らしさを感じました

 

副住職さんのご説明の中に「応挙さんは200年前の襖絵を描く時に200年先の状態を想定して描いていた」

という言葉が印象的でした

あの言葉は、きっと私達建築士にも向けられたメッセージなのではなかったのでしょうか

 

様々な意味で充実したひと時が過ごせたと思います

本日ご参加された県下各地からお越しいただいた皆様、ご苦労様でした

大乗寺副住職さま、お世話になりましてありがとうございました:-D